このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
TEL 0120-00-8377
受付時間:平日9:00~17:30

2024年8月16日(金)スタート!
会場:東京ミッドタウン八重洲
(オンライン併催)
8~11月 月1回 全4日間

1カ月の見逃し配信もあります!
開催当日にご都合のつかない場合も
もれなく学習できます
事業承継は個別性が強く、業務内容も相続とはまた異なる、というイメージがあります。しかし、やはり「やり方」「ノウハウ」はあります。税理士法人レガシィがお手伝いしてきた手法から、さまざまなものを皆さんにお伝えする講座を初開催!

こんな方におススメです!


その1
税理士法人レガシィのやり方を知りたい方
その2
提案の仕方や報酬の取り方などを知りたい方
その3
ここ5年くらいで事業承継が必要な顧問先を持つ方
Step.1
見出し
小見出し
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。

独自の手法「レガシィはこうやっている」をお教えします

「顧問の税理士」だからこそできる強みを生かした事業承継です

金融機関等に対抗する術も学んでいただきます

「提案書」「チェックリスト」「報酬額」等
レガシィのさまざまな書類・書式も惜しみなく公開します

他ではめったに講演しない実務経験豊富な “精鋭スタッフ”が講義

講座内容だけでなくお持ちの個別案件に関するご質問に講師陣がお答えします!

終了後、受講終了認定を授与します

余白(80px)

開催予定の全4日間のプログラム
全12時間超


8月16日(金)
レガシィの事業承継の全体像とメニュー


日頃コミュニケーションを取っている会計事務所の顧問の先生、あるいは担当者だからこそ、経営者の一番の相談相手ではないでしょうか。その立場を十分に活用しながら、人によっては話しにくいとされる事業承継の情報収集、切り出し方、提案について、レガシィの方法をお伝えします。
9月13日・10月4日(金)
税制・手法解説 レガシィ流活用法


事業承継では、経営者の要望を叶えるためにあらゆる方法を駆使する必要があります。特例、組織再編、M&A、遺産分割の工夫等々。レガシィではどのようにしているのかを、各手法ごとに解説。実際の事例を用い、さらには提案書なども見ながら2日間に渡りお伝えしていきます。
11月15日(金)
顧問業務から事業承継を案件化する手法


相続では申告期限があり、単発の案件として捉えやすいですが、事業承継は主に対策がメインとなるため、どこで区切るかがあいまいになりがちです。日頃の会話から業務に繋げる方法、そしてどこをどのように報酬化していくのかをお伝えします。

プログラム詳細


下記プログラムは予定です。細部に関して予告なく変更する場合がありますのでご了承ください。

1日目:2024年8月16日(金) 13:00~16:30
レガシィの事業承継の全体像とメニュー

  • 会場:東京ミッドタウン八重洲 八重洲セントラルタワー5階 イベントスペース
  • オンライン併催
  • おすすめ

はじめに 本講座の主旨 ご参加の先生にお伝えしたいこと
【講師】代表社員税理士 プロダクトビジネス責任者兼パートナー​ 木下裕行
(1)なぜ税理士が事業承継をやるのか
(2)税理士としての経験から 事業承継に携わることのメリット
1.会計業務との共通性
(1)勘定より感情
(2)家族間の問題解決
(3)相続税
(4)分割シミュレーション
(5)相続税 納税猶予の特例

2.会計事務所の事業承継への取り組み方
【講師】社員税理士 大倉孝雄
(1)お客さまへのヒアリングの順番立て
・お客さまと顧問の先生の事業承継の捉え方のギャップ
・アプローチの仕方
・何をヒアリングするのか ヒアリング例一覧
・誰に会社を継がせる? 誰にどの財産を承継させる?
・見るのは会社の財産だけでなく個人の財産も
・一族の承継 一族の方の想いなどもヒアリング
・いきなり各論の話はしない
(2)事業承継のスケジューリングを提示する
・10~20年もざら
・全体の流れ
・すべてをやる必要はない
・「いつやるか」ではなく「今やるか」
(3)ヒアリングからのスキームの当てはめ
・必ず複数の選択肢を提示
・パターン別の当てはめ方

3.現状把握 「レガシィスタートパック」
【講師】税理士 井銅伸野
4.レガシィの事業承継メニュー(選択肢の提案)

・各選択肢の提案
・税額の比較
・メリット/デメリット
①事業承継税制
②M&A
③組織再編(合併・分割)
④持株会社・資産管理会社(新規設立&買取・株式交換/株式移転)
⑤役員借入金対策
⑥従業員持株会
⑦種類株式
⑧遺留分・民法の特例
⑨財産評価と対策

5.ファミリービジネスの事業承継で気を付けるポイント
【講師】代表社員税理士・公認会計士 天野大輔
・事業承継の18ステップ
・事業承継は”母”で決まる!? キーマンの見極め
・事業承継チェックリスト

2日目:2024年9月13日(金) 3日目:2024年10月4日(金) 13:00~16:30
税制・手法解説 レガシィ流活用法

  • 会場:東京ミッドタウン八重洲カンファレンス4階 大会議室1
  • オンライン併催
  • おすすめ

1.特例事業承継
【講師】税理士 井銅伸野
 (1)制度の概要とポイント

 (2)遺言の必要性 株が多く遺留分への対策が必要
 (3)遺産分割の考え方
 (4)メリット 少数株主から株を集めることができる
 (5)特例打切り対策
 (6)他手法との併用・比較組織再編後特例税制
 ・組織再編後の特例の活用
 ・ホールディングス(持株会社)の手法と比べる
 (7)レガシィの実務事例と提案書

2.組織再編
【講師】税理士 八木駿彦
 (1)制度の概要とポイント
 ①合併の活用ケース
 ②分割の活用ケース
 (2)レガシィの実務事例と提案書

3.M&A
【講師】社員税理士 嘉陽哲久
 (1)M&Aとは その仕組とパターンを再認識

 (2)報酬の取り方
 (3)所有と経営の分離
 (4)株の売買の課税関係 M&Aの最大のメリットとは
 (5)M&Aの難しさ 会計事務所はM&A専門会社のやり方と変えるべき
 (6)レガシィの実務事例と提案書

4.役員借入金対策
【講師】税理士 天羽健斗
 (1)役員借入金の基本的な考え方 認識していないと怖い
 (2)繰越欠損金の債務免除
 (3)DESの活用
 (4)みなし贈与のリスクを防ぐ
 (5)行為計算の否認を受けるリスクを防ぐ
 (6)レガシィの実務事例と提案書

5.金融機関の手法 会計事務所の対抗策
【講師】事業承継コンサルティング部 山下勝
(1)金融機関の手法とは
(2)金融機関の提案書を顧問先から回収する
(3)銀行が融資先へ持ち掛ける際の手法
(4)金融機関の意図、狙いを知り顧問先を守る
(5)対抗だけではない 金融機関と連携して事業承継を進める
(6)レガシィの実務事例と提案書

4日目:2024年11月15日(金) 13:00~16:30
顧問業務から事業承継を案件化する手法

講師:社員税理士 嘉陽哲久

1.事業承継の入口
(1)入口から会話間違っていませんか 税金の話は最初ではない
(2)「贈与はやっています」では部分的
(3)全体のスケジューリングを提案する
2.報酬
(1)日常の会計税務業務(顧問料)との分け方
①マインドの違い 顧問料=作業の手数料
②事業承継はコンサルティングフィー
(2)なぜ事業承継が高額な費用が取れるのか
①顧問先の会社の将来を背負う 失敗できない
②相続税申告よりさらに大きいリスクを背負う
(3)報酬の考え方と相場感
①税金シミュレーションは別料金で
②「シミュレーション数十万円~」を社長に納得させる交渉術
③シミュレーションをどこまでやるのかの線引き
3.会計事務所内の体制と役割
(1)所員と社長の仕事の棲み分け
①事業承継の提案先には「担当者+所長」がベスト
②所長は社長と直接話す 事業承継の意思の有無・株価の現状・将来展望
4.クロージングまでのパターン
(1)社長は負けず嫌い
①こちらの話の筋が通っていれば言い合いになってもいい
②その場では物別れに終わっても 数カ月後「やりたい」と言ってくる
(2)実行することの“価値観”を認めてもらう
5.トークスクリプト 社長攻略法
(1)毎月会っているから 決算書を見ているから 分かる事
①「奥さんが会社にやって来る」
②「交際費が多い」
③「創業〇〇年」
④「車が好き?」
(2)専門家的話題
①株価、役員借入金、借入金
②リタイア後会社を続けるか? 株主になるか?

お客様にご提供いただいた個人情報は、以下の目的に利用します。①お客様への各種商品・サービスのご提案②お客様にご提供する各種商品・サービスに係る各種サポートおよび事務手続のご案内③お客様への各種情報提供④各種商品・サービス向上に向けた各種アンケート調査のご依頼、アフターフォローのご案内⑤新しいサービスの開発および運用⑥その他、上記の利用目的に付随する目的
〒104-0028
東京都中央区八重洲二丁目2番1号
東京ミッドタウン八重洲 八重洲セントラルタワー12F
TEL:0120ー00ー8377