このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください

税理士法人レガシィ

税理士法人レガシィ

税理士先生にオススメ!

最相続税の税務調査の現在と税務調査対策のポイントを、1冊にまとめました。
実務家の経験と最新のデータから、どのように準備・対応していくべきかを詳細解説します。
実務を想定したマニュアルのため、これ一冊があれば、すぐに実務に活用できます。

レガシィの実務マニュアルとは

事業提案書や契約書などのデータをそのまま反映できる!
実務で必要になる契約書や、著者が実際に使っている提案書のワードデータ、所内の実務処理の効率化に繋がるエクセルデータなどをCD-Rで添付します。ほぼそのまま、事務所名などを変えるだけで、事務所の資料として活用できます。
※一部、CD-R等の添付がない商品もございます。
ベテラン講師陣の長年の実務ノウハウを活かせる!
著者は、長年その分野の実務を専門的に行なってきた先生や、国税に数十年間所属していた先生などが中心です。各先生が積み上げてきたノウハウを惜しみなく公開していただいているので、経験の差を埋められる知識が身につきます。ノウハウの詰まったこの教材を、ぜひ実務で活用してみてください。
一般書籍より深い実務の処理を学べすぐに活かせる!
実務に必要な知識のみを焦点に絞ったテーマを選定しています。書籍などでは基本的に知識から展開されることが多く、結局「実務のここが知りたかった」という部分が満たされないこともよくありますが、「実務マニュアル」ではそのようなことがありません。実務に必要な部分が、よく深く理解できます。
一般書籍より深い実務の処理を学べすぐに活かせる!
実務に必要な知識のみを焦点に絞ったテーマを選定しています。書籍などでは基本的に知識から展開されることが多く、結局「実務のここが知りたかった」という部分が満たされないこともよくありますが、「実務マニュアル」ではそのようなことがありません。実務に必要な部分が、よく深く理解できます。

3つの特徴

① 総ページ数 140頁超の充実した内容

実務家の経験と最新のデータから「相続税の税務調査の実態」「調査官の意図、攻め方」を分析。相続税の税務調査対策を徹底解説!

② 税務調査の現在と準備がわかる

相続税の税務調査対策のポイントはどれだけ事前に狙われやすいポイントを把握して申告前の実務で対応できるかです。調査官の意図・攻め方が分かるので怖れずに当日対応できる!

③ 実務を想定した内容ですぐ使える

狙われやすい申告書と狙われやすいところを詳しく解説。マニュアルを読むだけで、申告時の注意ポイントが分かるのでリスクが減る!

料金

新規の方にオススメ
バインダーセット
55,000円
既にマニュアルをお持ちの方
増補版
22,000円
<本商品の仕様>
総ページ数:約140頁
データCD-R:有
新規の方にオススメ
バインダーセット
55,000円

専用バインダー

専用バインダーでテキストやマニュアルをわかりやすく整理することができます。

税務調査で狙われやすいポイントと実務対応
相続編 第三版

すぐに使えるすぐにわかる!
この一冊で丸ごと理解!

本の目次

第1部 相続税税務調査とその実務対応
第1章 相続税税務調査の実態
第2章 相続税の税務調査等に関する統計資料
第3章 相続税の税務調査を受ける前までにやっておきたいこと
第4章 相続税の税務調査の進め方
第5章 最も狙われている名義預金
第6章 財産別狙われているポイント

第2部 申告書から見る狙われやすいポイント
第1章 申告書全体・預貯金
第2章 土地・建物
第3章 有価証券・その他

参考資料 相続税の申告書
付録   相続人への情報提供の文書

サンプル画像

著者:税理士 山本 和義 氏

【経歴】
昭和27年 大阪に生まれる
昭和50年 関西大学卒業
昭和57年 税理士事務所開業
昭和60年 有限会社エフ・ピー総合研究所設立。代表取締役に就任
平成16年4月 税理士法人 FP総合研究所設立。代表社員に就任
平成29年 税理士法人FP総合研究所を次世代へ事業承継し、新たに税理士法人ファミリィを設立、代表社員に就任。

【主な著書】
・『配偶者居住権と相続対策の実務』(新日本法規出版)
・『税理士が陥りやすい相続対策の落とし穴』(新日本法規出版)
・『遺言書作成、生前贈与、不動産管理法人、生命保険の活用による税務実務』(大蔵財務協会)
・『遺産分割と相続発生後の対策』(大蔵財務協会・共著)
・『タイムリミットで考える/相続対策実践ハンドブック』(清文社)
・『相続財産がないことの確認』(TKC出版・共著)
・『税理士の相続業務強化マニュアル』(中央経済社)
・『立場で異なる自社株評価と相続対策』(清文社)
・『特例事業承継税制の活用実務ガイド』(実務出版)
・『侵害額を少なくするための遺留分対策完全マニュアル』(清文社)
・『「遺言があること」の確認』(TKC出版・共著)
・『おとひりさま 相続・老後資金対策』(清文社・共著)

税務調査で狙われやすいポイントと実務対応
相続編 第三版

すぐに使えるすぐにわかる!
この一冊で丸ごと理解!